事業案内

美瑛町老人保健施設 ほの香(指定管理)

施設概要

美瑛町老人保健施設 ほの香(指定管理)

〒071-0213
北海道上川郡美瑛町東町3丁目1番1号

TEL : 0166-92-1511

FAX : 0166-92-3800

要介護認定を受けた利用者様に対して、医師、看護師、介護士、療法士、管理栄養士等による多職種の連携によって、可能な限り住み慣れた地域での生活が継続できるよう他の介護事業所と連携をとりながら、ご自宅での生活を維持するためのお手伝いさせていただくことを目的とした多機能施設です。

平成27年8月より、ほの香は在宅強化型老健施設に移行しました。

開設年月日 平成11年4月1日
施設の規模 敷地面積7,048.60㎡ / 延床面積3,737.63㎡
構造 鉄筋コンクリート
事業内容 介護老人保健施設 / 短期入所療養介護 / 通所リハビリテーション / 訪問リハビリテーション
定員
老健・短期
:60名(短期入所は老健空所を利用する)
通所リハビリテーション
:30名
訪問リハビリテーション
:若干名

美瑛町老人保健施設 ほの香(指定管理) フォトアルバム

提供サービス紹介

介護老人保健施設(入所サービス)

身体機能の衰えや、病気やけがにより入院し介助が必要になった場合など、一定の期間入所していただき、リハビリや生活の中での活動を通して、ご自分でできることを増やし、再度自宅で生活ができるようにお手伝いさせていただくことを目的としています。

農繁期などでご家族が忙しい期間や、越冬期間の入所も可能です。その他に特別養護老人ホーム、グループホームなどへの入所待機など幅広く中間施設としての機能を発揮しています。また、ターミナルケア(看取り)についてもご家族のご希望があれば対応しております。

短期入所療養介護(ショートステイ)

定期的に短期間泊まってのリハビリや、ご家族の休息・急な外出などで不在となる場合など、1泊2日から利用できます。

「退院後すぐ家に帰ることが不安」「もう少し体力をつけてから家に帰りたい」など、リハビリ目的での利用が可能です。

通所リハビリテーション(予防通所リハビリテーション)

利用者様の個々の状態にあわせて、医師・リハビリ・看護・介護職員などの多職種がリハビリ計画に基づき、生活の質の向上ができるよう、機能訓練や口腔機能向上訓練などを通して、ご自宅での生活が豊かになるためのお手伝いをさせていただきます。また、日常生活の中の不安を解消できるよう、生活場面に役立つアドバイスを、リハビリの専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とともに行っています。

訪問リハビリテーション(予防訪問リハビリテーション)

医師の指示に基づいて、リハビリスタッフがご自宅を訪問し、病院などの訓練室で行われているような機能訓練のほか、利用者個々の状態やご自宅の環境に応じて、介護用品の紹介も含めたリハビリを提供し、在宅でより元気に、安全に過ごせるよう、日常生活の自立を目標にお手伝いさせていただきます。

スタッフの声
介護支援係  療養介護士 斉藤 健太

私はほの香で介護の仕事につくまでは、介護とは「お年寄りの出来ない事を手伝う事」だと思っていました。

実際ほの香で仕事をしてみて、お年寄りが出来なかったことが一つずつ出来るようになっていくと笑顔が増え表情が明るくなる感じを受け、自分もそのお手伝いをしたくなりました。

ところが自分では何も出来なくて、どうすれば役に立つ事が出来るか分からない事が多くあったのです。でも利用者様と一つ一つ関わりを持ち、生活の一部としてスタッフが関わり支援する事によって運動・食事・排泄・外出にと利用者様と居るだけで元気になれ、一つの行動が自分で出来るようになる所を見ていくと、頑張ろうと感じる事が出来ます。

「もっと一緒に何かをしてみよう!」という気持ちがもてて楽しいです。

これからも生活の一部として手助けを行い、利用者様の為に口うるさく言う事が多いと思いますが、これからもお元気で末長く生活していただけたら嬉しいです。

リハビリテーション係  言語聴覚士 紙谷 寿美子

皆さんは言語聴覚士という仕事をご存知ですか。病気やケガ、加齢などで、話す・聴く・読む・書く・食べる・飲みこむ機能などが不自由になる事があります。そのリハビリを行うのが言語聴覚士の仕事です。

私は始め、ほの香の厨房で食事を作っていました。そして食べ物をうまく口に運べない方、噛みきれず諦めてしまう方、口からこぼれてしまう方、むせてしまう方、醤油が欲しいと伝えられず味のついていないおかずを黙って食べる方など、様々な姿を目にしてきました。そして聞こえてきた『本当は食べたいんだよ』という言葉と哀しい目。調理する私も辛い思いを何度も味わう事となりました。そんな人を一人でも減らせたらと思い選んだ仕事が言語聴覚士でした。

話す事と食べることが大好きな私。でもその勉強中に事故で足が不自由になりました。よく『障がいを受け入れて前向きに生きて』という言葉を耳にしますが、出来ていた事が突然出来なくなる悲しみや苦しみ、辛さはそんな簡単には受け入れられませんよね。頭でわかっていても沢山の葛藤が起こります。辛さや痛みは100人いれば100通り。その思いを聞いてもらおうと話した時、わかってもらえなければ、もう口に出す事さえできなくなってしまう方もいますよね。

ただ、私はほの香で皆さんとお話し、沢山の元気をいただいています。
だから話す事や表情やしぐさで、皆さんの思いを少しでも敏感に感じとれる人でいたいと思っています。

これからも時間を見つけて声をかけさせていただきます。
皆さんと1回でも多く笑って過ごせますように…。

施設紹介

ほの香では、在宅復帰強化型施設として、利用者様の在宅復帰に努めているほか、短期入所・通所リハビリ・訪問リハビリなどの在宅サービスにより、住み慣れた地域・ご自宅での生活を少しでも長く継続できるよう、スタッフ一同頑張っています。

美瑛慈光会 施設一覧